COLORS

■ その他・雑記
11 /22 2017
私の昆虫採集再ブーム。
しかもいままでの人生の中で一番ハマっています。
採集も最近は若干減少していますが熱は冷めてません。

標本も作り出し、
外国・国産のカブクワの飼育もしてます。
ブログもこうしてやりだして
とても楽しい趣味ができました。

そしてそんな中、まさかこんな事に携われるとは
思いませんでした。

外産カブクワにも興味を持ちはじめ、
私の住んでいる地域から近い場所に
お店が無いか探しました。

20171122_01.jpg

そして見つけたのがCOLORSという昆虫ショップ

とはいえ、実は毎年ふれあい祭りという
大きなお祭りがありまして、そのお祭りを
よく行っていたのでその道沿いにお店があることは
大分前から知っておりました。

そしてお店に足を運びだして現在。
COLORSさんから仕事の依頼を受ける事になりました。

COLORSといえば近畿圏のカブクワ好きな方は
知らない人はいないのではないでしょうか。
そしてCOLORSさんが主催している
INSECT DISCOVERY。
毎年数回行われている昆虫イベントです。
有名ですよね。

そんなCOLORSさん主催のINSECT DISCOVERY
来年の開催ポスターのデザイン
させて頂くことになりました。

なりゆきは書き出すと長くなるので簡潔に書きますが
カブクワを買いに足を運び続け、
店長さんと話していた際、
一応デザイナー職の経験があると話していたら
そこから発展し、このような事になった次第です。

インセクトディスカバリーのポスター。
マジか。
私なんかでいいのか?
うれしい反面緊張ものです。
光栄ですね。
がんばります。

あと他にもお仕事頂きまして
お店の看板をデザインさせて頂きました。
もう完成しています。

20171122_02.jpg

20171122_03.jpg

近鉄奈良線の電車窓からどかんと見えます。
お店の看板デザインとか
ぶっちゃけ初めてでした。
私は現在WEBデザイナーなので
バナー画像やサイトデザインはしていましたが
実店舗ものでしかも個人としては初物でした。
なんかこう自分がデザインしたものが
世に出るってうれしいですね。
時間が無く徹夜とかもして
大変ではありましたがとても楽しかったです。

現在はCOLORSさんのBEKUWA掲載用の原稿を
デザインしています。

それが終わればINSECT DISCOVERY
ポスターデザインをしていく予定。
まだ他にも制作物の依頼を受けています。

本当にまさかです。
昆虫マイブームから約1年半。
こんなかたちでお店と関われるとは
思いもしませんでした。
感無量。

てな感じで今回の事を店長さんから許可を頂けたので
記事にしました。

リンクにもCOLORS追加しました。
ここに足を運んで頂ける方たちは恐らく
ご存知だと思いますが
もしカブクワ通販ショップお探しで
まだ知らない方いらっしゃいましたら
一度足を運んでみて下さい。

スポンサーサイト

書籍が増えてきた

■ その他・雑記
11 /14 2017
コツコツ買ってた書籍です。
増えてきましたね。

171113_10.jpg

BEKUWA
言うまでもなく聖書と呼ぶべきカブクワ雑誌。
手を出すことはあるまいと思ってましたが
とうとう入手してしまいました。
内容は日本のクワガタ特集で
最新の国産クワガタ情報が標本写真で網羅されてます。
まさに永久保存版な感じ。
これがあれば国産クワガタに関しては
図鑑いりません。
※初心者の私見解です。

171113_11.jpg

日本産コガネムシ上科標準図鑑
当時のコガネムシ上科全種掲載です。 
とうとう手に入れました。
これさえあればコガネムシ系はばっちり同定できます。
写真も大きい!
早く色々出会いたいですね。

171113_12.jpg

ポケット図鑑日本の昆虫1400①②
二冊で1400種の昆虫を掲載したポケット図鑑です。
これもずっと欲しかった本です。
他の図鑑と違い、昆虫の写真がクォータービューな
感じで掲載されてます。
まるで生きてたままの佇まい。
さらにポケット図鑑なので小さいです。
場所を取りません。
一人でニヤニヤ読んでました。

171113_13.jpg

バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑
当時のバッタ系全種類掲載。
さらにサイズもそんなに大きくなく持ち運びにも
いい感じ。
さらにさらに鳴き声CD付いてます。
スゴイ!
標本対象外なバッタなのですが、
採集するのは嫌いじゃないし
色んな種類知りたいですし。
というわけでこちらも今後重宝するでしょう。

以上、最近入手した書籍たちでした。
多分お金さえあれば本当にガチな本を
いっぱい揃えられるのでしょうね。
私程度はこれくらいで充分です。
また何か入手したら記事にしたいと思います。

糞虫を飼育してみる+α

■ 飼育
11 /14 2017
無謀な挑戦やってます。

171112_02.jpg

以前の記事で書いていた糞虫飼育についてです。
奈良県宇陀~三重県青山方面採集に行った際捕獲した
糞虫を飼育してみることにしました。

糞虫を飼育する。
則ちフンが必要となります。
採集地でフンをいっぱい集めました。
奈良公園程ではありませんが
私が赴いた地もそこそこ鹿がいてるようです。
周辺が鹿フンだらけでした。
充分と思われる量確保できました。

171112_03.jpg

飼育の様子。
私が行く地域が
大阪から南東ないし東側に偏ります。
なのでよく見かけるのはルリセンチです。
あと地元生駒や信貴タダセンチがメイン。
マット3割と残りは全てフンです

171112_04.jpg

やはりこの色はいつ見ても美しい。
しかしながら緑~赤系も好きなので欲しい。
※結果北摂行って確保できました

171112_05.jpg

左に見えるのはカドマルエンマです。

171112_06.jpg

果たしてブリードみたいなことができるのでしょうか?

171112_07.jpg

暗くて見えにくいですが
こちらは大野山で確保した赤系オオセンチです。
残念ながら持ち帰り時になぜか大量死したので
この赤系は二頭しかいません。

171112_08.jpg

地域別でいっぱい採集できたら
すごい見栄えなんでしょうね。

171112_09.jpg

因みにこのマットに見えるのが全てフンです。
鹿の柔らかいフンです。
堅い丸のフンも入ってます。
飼育にあたり問題なのがニオイ。
最初は臭かったです。
今は土の香りしかしません。

171112_10.jpg

どれくらいの量のフンが必要なのかわかりませんが
かなり入れたつもりです。
さて、どんな感じになるか楽しみ。
現在3週間程度経過しましたが★はゼロです。
産卵とかしてくれたらいいな。
オオセンチの幼虫とか見たことないですし
この飼育で色々知れたらいぃなあ。

更にこのセットの中に以前確保した
ゴホンダイコクのメスも現役で生活してます。
がんばります。

171113_02.jpg

冬にむけて幼虫、成虫の整理はじめてます。
エサ交換やら容器変更などバタバタやってます。
今年5月あたりに飼育していたメタリフェルホソアカが
産んでくれて幼虫が数頭現役。
その容器をひっくり返したら一頭羽化してました。
早いな。羽化ずれしまくりですね。

171113_03.jpg

ひとまず成虫用ルームを用意し、そこで住んでもらうことに。

171113_04.jpg

ムシモンオオクワガタ。
このクワガタ大好き。
二ペアいるのですがどちらもエサを食べず潜り込んだままなので
心配でほじくったら元気な姿を見せてくれました。

171113_05.jpg

こちらは別のペア。オスがボロボロです。

171113_06.jpg

小さめの容器を買ったのでこちらで再セット。

171113_07.jpg

元気に動いてます。

171113_08.jpg

ムシモンは小スペースで飼えるし頑丈だしかっこいいです。
それによく産んでくれるし安いし私にとっては
超お気に入りです。
幼虫が19頭います。無事羽化してほしいな。

171113_09.jpg

こちらはサイズ比較。
左からコバエシャッター、
ムシモンをセットした容器、
1.2L容器になります。
だいたい同じ大きさです。
ムシモンの容器が若干高さがあります。
横に向けたら右の容器と長さが同じくらいです。

とりあえず色々試してみますよ~

久々百均

■ 100円グッズ
11 /13 2017
随分やっていなかった100円グッズ紹介。
シーズンも大分OFFってきましたので
冬支度をぼちぼちやってます。
私の部屋には大きめのガラスショーケースが
あるので、冬場はその中に飼育生体を入れ、
スタンドライトに爬虫類用電球を装着した
簡易暖房を用いて、なんとか過ごそうと思います。
さて、そろそろご紹介。
飼育に使えそうな用品や容器をいろいろ探しました。

171112_01.jpg

飼育容器を用途に合わせて使い分けたかったので
こんなものを購入。
なんかお米とか入れれるタッパーみたいな容器です。
ダイソーで購入。
大きさは中ケースまでとは言いませんがまぁまぁな大きさ。
材も余裕です。
透明度は高くありません。
仕方ないですが使い勝手はよさそう。
現在アマミノコをこの容器でセットしています。
あと糞虫。
因みに密閉度が高めなので空気穴あける必要あり。
3mmドリルのピンバイスであけました。

 171112_12.jpg

お次はこれ。1.2L入るタッパー容器です。
通常~大型は厳しいですが小型なら
丁度よさげなサイズです。
ダイソーで購入。セリアにも同様で
さらにバリエーション豊富な容器売ってます。
とりあえずこの2種類を用途に合わせて使おうと
思います。
今はカブトムシ系の
大きめ幼虫をこの容器で一頭飼育中。
どうしても透明度気になりますが
これはいたしかたなしですね。
こちらもピンバイスで空気穴あけてます。

171112_11.jpg

最後はこちら。
密閉型のタッパー容器です。
弁当箱とかおかず入れとかに使われるような品です。
これ系で高さがあるものは珍しいなと思い購入。
ダイソーです。
透明度はまぁまぁです。
もちろん密閉型なので空気入ってきません。
フタに穴あけました。
コバエシャッター小より少し小さめです。
小型のクワガタ都下のセットにに使ってみようと
思います。

最近購入したものは以上です。
飼育容器かなり増えました。
コバエシャッターの容器が数十ほどあるのですが
その時必要な大きさ、置き場などを考えながら
色々買って試してます。

今回のこの蓋が立つ系の容器、積み重ねもできるし
幅もそうですが高さが丁度良いです。
Seriaに大きさ、高さ、幅違いがいっぱいあるので
それらも試してみようと思います。

171112_13.jpg

100円商品でありませんが
私のメイン捕虫網
けろんカスタム3号機です。
初代からここまで進化してます。

息子の鯉のぼりがボロボロだったので廃棄。
その際残った竿を再利用ひました。
金色部分は鯉のぼりの頭頂部にある
風車のパーツを改造。

171112_14.jpg

竿と網の部分をネジで固定するだけで完成。
竿はに2~3m程度伸びます。
かなり高さが出ました。

171112_15.jpg

こちらは二代目です。
百均にあるアタッチメント取り替えモップ。
付け替え部分を改造して網着けました。
こちらはそのまんまパチンと取り付けてるだけの
超カンタン仕様でした。
長さは約1mほどなので通常の捕虫網くらい。
リュックにも収納できたし重宝しました。

網は採集の命なので
本来はちゃんとしたもの使いたいですが
自分の一番馴染むものを手に入れたいので
今後もカスタマイズしていくと思います。

171113_01.jpg

最後にこちら。
Seriaで購入。タダノコルクボードです。
まぁまぁな大きさです。
作成下標本を一時的に刺しておいたり
展足したりする為に購入しました。

以上、久し振りの百均アイテムでした。
使い勝手のいいものがどんどん出てきますね。
いつもワクワクしながら見に行きます。
またいいのあればご紹介。

2017.1103 北摂のセンチコガネ【採集記】

■ 採集記
11 /04 2017
寒くなりました。
またまた記事を書くのが久々です。
プライベートでの出来事が色々ありまして
やっと落ち着いた?次第です。

やることが多いのは変わりませんが
本当にひと段落しました。

一つの大きな出来事は仕事が変わりました。
今までの不規則すぎる上、休みがあまりない生活から
土日祝の休みに。これは生活している中でかなり大きいです。
今までのように平日に採集に行く。
などの事ができなくなり、少し残念ではありますが
休みが増えればその分色々余裕できます。
ありがたい。

さて、この空白の期間に採集の方は
相変わらずほぼ行けずでした。
一度だけ奈良・三重の境目あたりで採集は行きました。
時期的に糞虫狙いに行きました。
やはりその方面のオオセンチは基本瑠璃色ですね。
結構採ったので無謀な挑戦を今しております。
また記事にて書こうと思いますのでその時に。

仕事が変わってから初の3連休。
マジか。3連休って何?
奇跡か?
本当にそんな気持ちで迎えた一日目。
私と義父と息子で北摂の山、大野山へ。

休みの前日いきなり
『明日大野山へ行くよ』
とLINEがきました。

へ?
聞いてない。
突然すぎて超びっくり。

まぁ、いきなりではありましたが
休日に山へ連れて行ってくれるというのです。
断る理由など何もない!
むしろありがたい。
そんな感じでした。

私は大野山という名の山を知りません。
グーグル先生で調べます。
…あ。能勢?猪名川?篠山方面?
おお、虫取りベスト地に行ける!

171103_01.jpg

そんなわけでどーん。
いきなり山頂で~す。
車でほぼ山頂まで来れるそうです。
息子もまだ小さいし若干登れるくらいが丁度いいです。

初秋に家族で一度生駒山を登りましたが
娘も小さいし結構な傾斜で子供たちは断念。
奥さんと一緒にケーブルに乗り
先に遊園地(目的地)行っちゃいました。
私だけ一人とぼとぼ上りました。

そんな事があったので
最初登山をガチで行くのか心配でしたが
とんだ取り越し苦労でした。

標高753メートル。
快晴ではないため全て綺麗には見えませんでしたが
それでもいい天気。さらに気温もいい感じ。

171103_02.jpg

山頂側の反対側から見える風景。
天文台だそうです。
この日は休みでした。
山頂周辺では虫が結構飛んでます。
アブやチョウ、ハチが基本。
あとは、センチがよく飛翔していますね。
よしよし、今回はセンチいっぱい採るで!

171103_03.jpg

そんなわけでさっそく息子がゲットしました。
オオセンチコガネですね。
赤系を見るのがとても久しぶりです。
どうしても私は奈良~三重方面をメインに
採集に行くのでオオセンチを見かける場合
基本ルリ色です。

北摂のオオセンチゲット!
標本にバリエーションが増えます。

171103_04.jpg

義父がアウトドア装備を結構しっかりもってるので
この山頂にてガス缶で火をつけ、お湯を沸かしてくれました。
そして昼食は3人でカップ麺とおにぎりを食べました。
山頂のラーメン。格別です。

171103_05.jpg

食後周辺をうろうろしながらセンチを摘まんでました。
滞在時間はざっと2時間程度。
山頂以外はほぼ移動しませんでしたが
歩くとセンチがいるし飛んでるし
全く暇しませんでした。
虫離れした息子も捕まえると楽しいらしく
低空飛行しているセンチを見かけては
網を振り回していました。

久しぶりの北摂
私だけではなかなか行けないので
とてもいい機会でした。
ありがとうお義父さん。
とても充実した時間をすごしました。


~ 採集結果 ~

171103_06.jpg

センチコガネオオセンチコガネです。
ミドリ系赤のメタルボディです。
センチはまぁ、いつもどおりというか。
この地は混生しているようですね。

私はネットで
基本センチオオセンチって一緒にいないとの
情報を見ていたので、一概にそうではないんだと
いうことを今回目の当たりにしましたね。

残念ながら帰宅時になぜかほぼ死んでました。
〆る手間が省けましたが
基本、餓死してもらわないと匂いがキツイので
処理が大変そうだ。

171103_07.jpg

ついでに展足しました。
いきなりウガンデンシス
この種もバリエーション豊富なのでブリード
うまくいってほしかったですが残念。
171103_08.jpg

Mオーベルチュール
幼虫購入から羽化。
ブリードがんばりましたがこの種もアウト。
カナブン難しい。

久々の記事でした。

今後も色々忙しくなります。
そして今、某虫屋さんから色々仕事を授かりました。
某イベントのポスターもデザインします。
情報公開の許可がでれば記事にて書こうと思います。


昆虫 ブログランキングへ