昨年の置き土産

■ その他・雑記
02 /07 2018
2017年の採集物や
飼育用品。その他諸々。
ほとんど散らかしっぱなしの
私の部屋。

その都度やっておけば
しんどい思いをしなくていいのに
できずのままでした。

忙しい事に変わりはないのですが
気分的にも体力的にも
少し余裕が 出てきたので
片付けてます。

とにかく採集、飼育標本の整理。
これが大変大変。
2017年は記録は取ってましたが
標本作成が全くできず。
飼育した外国産カブクワも
部分折れの修復などもできず。

ツケが溜まりに溜まっていました。

2018_0206_08.jpg

展足、乾燥を済ませた標本に針を刺しました。
状態が良くありませんが
外国産カブクワもやっとこさ
修復、針を終えました。

2018_0206_09.jpg

飼育個体なのでフセツもバッキバキです。
匂いもヤバい。

2018_0206_10.jpg

こちらは採集したものがメインです。
脂が浮いてきてるのでエタノールで
ちまちまと処理してます。

2018_0206_11.jpg

オオクワの標本。かっこいい。
アゴが少しズレました。
玉手山公園で採集したノコギリや
キョウトアオ。
キョウトアオは脂テカテカに
なってしまったのでエタノールで
模様が見えるようになるまで処理しました。

2018_0206_12.jpg

こうして見ると色虫を結構飼育したことが
よくわかります。
あと展足の下手さもよくわかる、、、。

2018_0206_13.jpg

フェモラータの羽化した個体ほぼです。
黒っぽい個体はテネラルでの標本化。
流石に色が綺麗に残りませんでした。
鮮やかなグリーンでした。

標本は以上です。
まだ飼育中のものもいますが
ひとまずここまで。

2018_0206_14.jpg

私の部屋の飼育用品&作業スペース。
右に見えるケースは
本土ヒラタのセット
コクワのセット
オオクワのセットです。

越冬中。
左にドイツ箱が見えますね。
これに収納していく予定。
というか
実はこんな記事書いてますが
箱に収めました。
あとは難関ラベル貼りです。

これだけ増えましたが
やはりまだ標本欲しいです。
安価で売ってないだろうか。

2018_0206_15.jpg

ショーケースの様子。
一応簡易温室化してます。
それでも寒い時は15度くらいまで
下がるのでヒヤヒヤしてます。
ほとんど幼虫や
外国産カブクワですが
採集したノコギリのメスが
いまだに存命。
こんな長生きすると思わなかった。

というわけで
2017年の置き土産を大分処理しました。

2018年。今年は抜かりなくやるぞ!


スポンサーサイト

書籍借りたぜ

■ 昆虫図鑑
02 /07 2018
前回記事の予告どおり
今回借りた書籍の紹介です。

私の住む八尾市には
自宅圏内から行ける図書館が
約3箇所あります。

そのうち最も近い山本図書館を
メインとします。
そして次に近い八尾図書館にも
足を運ぶことがあります。
その場合、主に買い物ついでとか
別用がある際、利用しています。
同じ市内の図書館なので返却も
どちらでしてもかまいません。

そんなわけで前回の書籍返却と
買い物ガテラに八尾図書館へ
子供たちと足を運びました。

息子は最近では学校で流行っている
らしいサバイバルシリーズとか言う
学習マンガみたいなのを借ります。

娘はウンコブーム。
ウンコな絵本、おしりな絵本を借ります。
そして折り紙にハマっているので
折り紙の本など借りました。

私もいつも通り昆虫のジャンルへ
足を運びました。

2018_0206_06.jpg


スタンダードなカブクワ図鑑的な本ですね。
児童書ジャンルの昆虫項目で発見。
何年前のやつかはわかりませんが
メジャーな外国産カブクワが多数収録。
珍しい種も少し載ってました。
児童向けぽいですがマニアックだなぁ。
飼育難易度もアイコンで表記。
え、ショップでも見たことないよ?
みたいなやつも一応飼育難易度表記。
サクッと外国産カブクワ見るには
丁度良い一冊でした。

2018_0206_07.jpg

知られざる動物の世界13 甲虫のなかま

カブクワだけでなく甲虫が見たい私としては
タイトルにかなり惹かれました。

大きな写真で科別に説明があり
読み物としていい感じになってます。
成虫の集団越冬、幼虫うじゃうじゃの写真が
めちゃデカい。奥さん鳥肌ものですw
まだがっつり読んでないので
休日にでも堪能します。

2018_0206_02.jpg

甲虫カタチ観察図鑑

様々な甲虫の標本写真が掲載。
タイトル通りカタチがよくわかる図鑑ですね。
まぁ、スタンダードな写真集といった印象。
よい書籍でした。

2018_0206_03.jpg

かがやく昆虫のひみつ

児童書コーナーで発見。
きらびやかな美しい昆虫が掲載されてます。
前にきらめく甲虫という本を借りましたが
こちらは甲虫だけでなく
ハチなども掲載されてます。
セイボウとか。
この手の本はほんと魅力的。
イボハダオサムシの標本ほしいなぁ。

2018_0206_04.jpg

虫・コレ

デザイン写真集を見ている印象。
昆虫の模様が惜しげもなく掲載されてます。
図鑑でも読み物でもない。
ほんとに写真集ってかんじの書籍で
珍しい感じでした。
最後らへんが
ページ全体模様の拡大写真なので
私としては若干うーんな感じでしたが
それでも今まで手に取らなかった種類で
新鮮ではありました。

2018_0206_05.jpg

バッタ ハンドブック

文一総合出版ハンドブックシリーズです。
2017年の新刊ですね。

生態写真と標本写真があり、
生息地の写真なども掲載。
相変わらず表紙かっこいいね。
大体こういうのトノサマバッタでしょうに
これはクルマバッタ?でしょうか。

内容としてはハンドブックとして
充分だと思います。
私の持っている全種掲載の
図鑑までとはいいませんが
写真も綺麗ですしね。

鳴く虫ハンドブックがあるので
コオロギなどは載ってません。
セットでどうぞ。

以上、今回は6冊借りました。
いつも山本図書館なので
今回見てないいい本がまた
見つかって嬉しいですね。

図書館毎の管理ではなく
市内図書館管理みたいなので
本は行ったり来たりします。
なのでたまにこうして
いつも見てるコーナーに
知らないのが突然あったりして
本当楽しい。

読めば読むほど
早く採集行きたいなあ。
標本ほしいなぁ。
とぼやいてます。

また返却時に新しく借りると思います。


ひと段落。

■ その他・雑記
02 /07 2018
INCECT DISCOVERY2018の
ポスターデザインが完成しました。

2018_0206_01.jpg

データは納品済み。
カラーズさんのウェブサイトには
既に掲載されてますね。
納期に間に合ったみたいで
ホッとしました。

それにしても
以前にも書きましたが
あのインセクトディスカバリーの
ポスターを手掛ける事ができたなんて
本当に光栄ですね。
色々プレッシャー感じましたが
楽しくデザインできました。

ポスター印刷の納品も
近々あるみたいですね。
私も楽しみです。

ひとまず一段落といったところ。
まだ頼まれているものがあるので
それについての打ち合わせもあり
今週末にカラーズさんに来店予定です。

にしても寒い。
早く今年初の採集も行きたい。
お金と時間が無い。
さっぱりさっぱり。

また図書館で
昆虫書籍借りたので
次回記事にします。

図書館で書籍借りる

■ その他・雑記
01 /23 2018
子供の本を借りる為、
我が家は図書館を重宝しています。
二週間借りる事ができ上限10冊
貸出カードは私名義と息子名義の2枚。
合計20冊借りれます。

基本的に子供たちが
一回につき5~7冊借りるので
合計12~4冊くらいにいつもなります。

そして私も借りる事があります。
図書館の気になる昆虫書籍
大体借りましたが、このジャンルもたまに
新作が入荷しています。

今回は気になった書籍
以前借りたが、また見たくなった書籍
を借りてきました。

2018_0122_04.jpg

どんどん虫が見つかる本

2017年5月初版。
お、文一総合出版の本だったんだ。
今文章打ち込んでいる時に気づきました。
私の大好きなハンドブックシリーズを出している
ところですね。
メジャーな昆虫採集方法などが
わかりやすく掲載されています。
見やすくてとてもよい本ですね。
簡潔に季節毎に採集できるものも掲載。

2018_0122_03.jpg

くらべてわかる昆虫

えーっとB5?かな?
くらいのサイズの本です。
2017年6月初版
簡易昆虫図鑑って印象でした。
生体写真がまっすぐピーンな標本じゃなくて
クォータービューな感じの
写真になっていて見栄え良いです。
写真超綺麗やな。この本。
今見ながら書いてます。
基本種750掲載だそうです。
シンプルで良いです。

2018_0122_02.jpg

虫と遊ぶ12か月

はい。また借りました。
これはもう4度目くらいになります。
逆引き検索のような感じで
その時期に採集できる昆虫が調べれます。
これはおすすめです。いい本。

2018_0122_01.jpg

きらめく甲虫

これは2015年に出た本ですが
今回で2回目。
この本。いいですよ。
綺麗な甲虫がいっぱい。
まばゆい
美しいです。
海外の甲虫ってなんでこんな
綺麗なの多いの?

1500円ですばらしいです。
図鑑とかとはまた違う魅力ですね。

2018_0122_06.jpg

だから昆虫は面白い

2016年の夏に出ている本ですね。
特徴が強い昆虫がいっぱい掲載されています。

生態と標本写真も綺麗に掲載されていて
見応えありました。

2018_0122_05.jpg

上記の二冊は
丸山宗利という方の著書で
最初手にした時、著者を見ずに
これ似てんなぁ。と思って手にしたら
同じ著者だったと後で気づきました。
しかしながらこの人の本は見ていて楽しいです。

以上、今回借りた書籍でした。

今回は飼育、標本図鑑とかを省いて
比較的新しいちょっと読み物になっている
書籍をピックアップしました。
まぁ、読み物と言っても大半は
標本写真掲載されてる本しか
選んでおりませんけどね。
私、小説とかが苦手なものでして・・・

今回も図書館でいい本見つけました。
あちこち買えないので本当に助かります。


ライトマニア

■ 100円グッズ
01 /22 2018
表題には書きましたが
そこまでではありませんー

家族に今そう言われます。
100均で新しいのが出る度買うので。

というわけで
100均アイテムの紹介です。

2018_0108_02.jpg

3SMDライト
このブリスターも見慣れましたね。
このシリーズのライトを一体何個所持して
いるだろうか。

もう見たまんまですね。
スタンドにして立てる系のライトです。
単4三本使用します。
明るさは見た目通り大分明るいです。
こたつの中で一旦試しました。
またライト照射時の写真撮れてません。
伝わらない。
明るさが伝わらない。

サイズもそんなに大きくないので
携帯するには丁度よいです。

夜間採集時に手提げで装備して
暗闇で装備を鞄から探したり
確保した虫をケースに入れる際
スタンドにして照らしておくようにしたら
なにかと便利だと思います。
今年の夜間採集に試そう。

2018_0108_01.jpg

お次はこれ。
2WAYトーチライト
従来品のライトにトーチ用のキャップ
取り付けただけの仕様です。

なぜ買った。
と奥さんに突っ込まれました。
意味ねぇ。
と奥さんに突っ込まれました。

そ、そんなことはないよ?
きっと役立つはず。
きっと。

まだこのライトについては
電池すら入れてません。
単4の消費率がバカ高い我が家。
電池切らしていてありません。

なので電池購入してから
本気出してもらいます。

相変わらずの伝わらない
ライト紹介でした。

最近は100均でも
採集容器などはチェックして
いませんです。

今あるやつより
使えそうなのがあまりありません。
ただし私が使えないかな?と
思ってるだけで本当はかなりいいの
あるかもしれません。
是非探してみてくださいねー。



昆虫 ブログランキングへ