パプキンというかランプリマ系

■ 飼育
03 /15 2017
パプキンパラレルスネブトのセットを用意しました。

20170312_04.jpg

ケースは購入時の物を使用。
パプキン低添加マットを固めに詰めて
転倒防止に購入時入っていたマットを上部に敷きました。

パラレルスにつきましては
いろいろ試行錯誤する必要ありそうです。

低添加マットとカブトムシ幼虫飼育中の所から
腐葉土マットを拝借。2つをブレンド。
上部には購入時に入っていたマットをセット。
とりあえず有るものだけでなんとかしてみる形に。

パプキンは交尾を確認。
翌日メスは潜りっぱなしで出てきていません。
うまくいっているのだろうか?

20170312_03.jpg

パプアキンイロクワガタ♂
アルファック産WD

でかい。こんなにでかかったか?という印象です。
綺麗だなぁ。

20170312_02.jpg

パプアキンイロクワガタ♀
アルファック産WD

♀のほうが光沢が強くてよりキレイ。
小さくてかわいいですね。

20170312_01.jpg

パラレルスネブトクワガタ ペア
スマトラ島ベンクール産

33mmしかないのにこの貫禄。
かっこいいです。

ネブトを飼ってみたかったので
うれしいのですが、私にうまくブリードできるか不安ですね。

さて、もうこの際なので
色々な販売店や通販を見に行って

さらに2種のクワガタを追加することになりました。

ミカルドキンイロクワガタ 2ペア
オーストラリア パース F2
2017.12月羽化

ミカルドは以前縞栗鼠さんのブログにて
初めて存在を知りました。
休眠期間が長いそうで
まだ後食が認められません。
ゆっくり様子見です。

そしてもう一つ。

ラトレイユキンイロクワガタ 1ペア+♂
クィーンズランド CB
オーストラリア ケアンズ F2

どちらも写真撮れてません。
またセットできたらご報告します。

というわけで、いきなりです。
あまり経験の無い私がランプリマ系をいきなり
3種もブリード挑戦しようとしてます。
マヌケですね。
がんばります。


スポンサーサイト

10数年ぶりのブリード

■ その他・雑記
03 /11 2017
金曜日のお休み。
起床が少し遅かった為、出かける計画が狂う。
とはいうものの昨日から何処に行こうか迷って、
結果出かけ先が決まらずにいました。

お昼の2時半には帰ってこないと
息子&娘のお迎えに遅れる。

というわけで採集はやめです。
ならどうしようかと考えた結果、

昆虫販売店に行こう。

何を思ってかそうなりました。
私の圏内で一番近いお店は
COLORS(カラーズ)という販売店になります。

東大阪市にあるカブクワ生体&用品販売店。
ご存知の方も多いかと思われます。

あのインセクト・ディスカバリーの主催している所ですね。
来月の4月に東大阪東花園にある
ドリーム21という施設にイベント開催される事を
知り、チラシ貰いに行くのを目的に行きました。
あとは販売されている外国産カブクワをWSしに。

20170310_01.jpg

というわけで私の最寄り駅から準急1本、
乗り換えで奈良方面へ。
河内小阪駅到着。そこから歩いて5分くらいで到着。

随分前から店舗があることは知っていましたが
(ふれあいまつりでの出店時にも外観だけ見ました)
入るのは実際初めてです。

中に入るとあったかい。
そして所狭しと並ぶカブト・クワガタたち。
すごくテンション上がりました。
ネットショップでここの品揃えはよく見てましたが
実際お店に行くと思った以上に安い生体もあり驚きました。

・・・そしてとうとう。
生体を購入しました。
昨年はニジイロクワガタをプレゼントで貰いましたが
実際自分で購入するのは本当に久しぶり。

買った虫は

パプアキンイロクワガタ ペア
パラレルスネブトクワガタ ペア
※写真撮り忘れました・・・

この2ペアを購入。

おお・・・買ってしまった。
パプキンは実に10数年ぶりです。
当時はブリードする気は無く、
観賞用で買いました。

それにしても45mm近くの♂は大きいですね。
昔買ったやつとは大きさが段違いでした。
♀も綺麗なメタリックしていますねぇ。

今回パプキンを購入したきっかけは
まず値段も高く無く難易度も高く無いこと。
私みたいな初心者おっさんでも
がんばれば増やせそうと思ったので
購入に至りました。
あと小さいからスペース取らないし。

問題はパラレルスネブトです。
ネブトではでかい種らしいですね。
お値段がリーズナブルであったため購入。

どうしてもネブトが欲しくて今回買った訳ですが
ネブトのブリードは難易度が高いと聞きます。
私では荷が重いかもしれませんね。

一応お店の方に両方の飼い方や
おすすめのマットを教えてもらい買い揃えました。

20170310_03.jpg

低添加マット
パプキンブリードに最適なマットだそうです。
パラレルスネブトにもこれと
現在飼育中カブトのマットとか混ぜてがんばってみます。

20170310_02.jpg

あとは昆虫ゼリーを買いました。
産卵セットはまだしておりません。

パプキンはWDなので
ペアリング無しでもいけるかもしれないですが
一応ケース内の仕切りを外して様子みようと思います。

いやーそれにしても店内にいる
他のカブトやクワガタ。でっかいのいっぱいだったなぁ。
すごいテンション上がりました。
また行きます!

当初の目的のチラシもきっちり貰ったし
インセクトディスカバリー行こうと思います。

楽しみがいろいろ増えましたー。

2017.03.03 柏原 高尾山採集記

■ 採集記
03 /03 2017
仕事が昼からなので
前回のモチベーションを維持しつつ
短時間のオサ堀り&材割りに行ってきました。

向かうところは柏原市
オサ掘りと言えば枚岡公園のほうが
スジアオゴミムシではありますが実績があるので
良かったのですが、2,016年のヤコンGET率の低さも考え
今回はシーズン中成績の良かった柏原市の方へ
足を運ぶことにしました。

さらに今回もあまり時間がありませんT T

というわけで堅下駅に到着。
そして向かう先はヌデヌデです。

20170303_01.jpg

ヌデ到着。

20170303_02.jpg

神社の横道から高尾山創造の森へ。

20170303_03.jpg

創造の森はこのように色々なコースがあります。
標高も低いのでハイキングにはもってこいですね。

登山入口から早速周辺にある朽ち木をひたすら崩します。
早速クワガタの幼虫がでてきたのですが
刺してしまっていた模様。ゴメンよぅ・・・

周辺にはまだ多数の朽ち木がありますので
とにかく掘り掘り・・・
何も出ません。

そろそろ目的のオサ掘りに移行することに。
低い崖があるところを掘ってみます。
まぁ、いつも通りすぐには出ません。

少し移動し、
それっぽい崖があったので少し掘りました。

20170303_04.jpg

!?

・・・まさか。

20170303_05.jpg

出たー!!!!
ひょこっと顔が出てきました。
ああ、この瞬間をどれ程待ちわびたことか・・・
偶然でしょうけどオオクロナガを掘りあてました。
やったー。

テンションが上がり、似たような崖を掘り続けました。
しかしこの後追加はありませんでした。
やはりたまたまだったのだな。

20170303_06.jpg

時間が押してきたので
分岐地点から引き返すことに。

20170303_07.jpg

オオクロナガが出た環境はこんな感じです。
まんま整備された登山道です。

20170303_08.jpg

岩場が多いのですが
その隙間にある崖を掘ったら出てきました。

20170303_09.jpg

登山道入り口到着。
時刻は12時30分。
さて、仕事に行くか。

~ 今回の採集結果 ~

20170303_10.jpg

オオクロナガオサムシ

やっぱりオサムシが掘れるのはうれしい限り。
シーズン中は側溝で比較的簡単に見つかりますが
私の場合、オサ掘りのほうが数を得れません。
(修業が足らんだけなのですけどね・・・)

柏原市の方へ的を変更してみた結果でしたが
本当によかったです。
以上、柏原市高尾山オサ掘りでしたー。

2017.03.01 服部緑地採集記

■ 採集記
03 /03 2017
休みの日の午前中~から15時まで
時間をもらったので服部緑地まで行ってきました。

何をターゲットにするでもなく・・・
ではあるのですが、
やはりここに来たからにはチビクワ狙いで
頑張ってみることに。

到着時間が正午前。
既に時間があまりありません。
出発も遅かったし移動に時間が掛かりました。

ですので、風景写真等は撮っておらず、
ひたすら材割りに時間を費やしました。

なので、早速の採集結果です。

20170301_03.jpg

材の中から出てきたとても小さなゾウムシ
未同定です。
20170301_02.jpg

材を堀り掘りしてたらこのような幼虫が結構出てきました。
気になったのでお持ち帰りしたのですが、
調べてみてもわかりません。
ゴミダマの類じゃないのかと思っているのですが・・・

20170301_04.jpg

こちらも材の中で発見。小さいですね。
ゴミムシなのだろう?
わからないやつばっかしです。
冬眠してたはずなのにすぐに素早くなりますね。

20170301_05.jpg

今回のターゲットのチビクワガタもなんとか1頭だけ確保。
見つけれているだけで充分ではあるのですが、
複数で欲しいです。

20170301_06.jpg

コクワガタと思われる幼虫も1頭確保しました。

20170301_07.jpg

そして材の中からこんな幼虫も。
カミキリの幼虫ですよね?
何のカミキリかは全く分かりません。
さらに育てきることができるのか・・・

20170301_08.jpg

2頭確保しました。

20170301_01.jpg

今回採集した個体は
ほとんどこの朽ち木にて採集しました。

以上、服部緑地でした。

時間が少なく、ちょっといそいそしかった採集でしたが、
採れるものも採れたので満足でした。

あと2ヶ月くらいで
虫捕りシーズンが始まります。
待ち遠しいですねー。

ミツノゴミムシダマシ

┣ ゴミムシダマシ
02 /28 2017
ミツノゴミムシダマシ001
ミツノゴミムシダマシ002

【和名】ミツノゴミムシダマシ
【学名】Toxicum tricornutum
甲虫目 Coleoptera
亜目カブトムシ亜目
上科ゴミムシダマシ上科
ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae
亜科ゴミムシダマシ亜科

採集記録
2016年5月30日 大阪府 四條畷市 逢阪

備考・メモ
かつて生駒山にあったカブトムシのご神木だった木が
完全に朽ちてキノコムシやゴミムシダマシの住処と化していた。
そこにキノコムシや他のゴミムシダマシと混じってペアで
採集しました。
ゴミムシダマシは魅力的です。

※写真は後ほど差し替え


昆虫 ブログランキングへ